ダッチオーブンのシーズニングとブラックポットを目指してメインテナンス

Lodge社の鋳鉄製のダッチオーブンは、買ってすぐに使えるものではありません。

シーズニング・慣らしについて

いわゆる慣らしが必要で、これをシーズニングといいます。

ロッジ社の推奨するシーズニング方法は次のようにします。

  1. 熱湯で錆止めワックスを洗い落とし、完全に乾かします。
  2. 純植物性ショートニングを鍋とフタに薄く塗ります。
  3. 鍋をひっくり返して、脚の上にフタを載せてオーブンに入れて、約160℃で1時間焼き、そのまま冷やす。

しかし、やってみると分かりますが、ショートニングの入手をどうするかや大きいダッチオーブンが入るオーブンなどは普通の家庭にはないので、なかなかできることではありません。

そのため、日本でのシーズニングは次のような方法が一般的です。

  1. 鍋とフタを中性洗剤で丁寧に洗います。
  2. 鍋にお湯を入れて沸かすと、ワックスが浮き上がってくるので、その後ワックスを洗い流します。
  3. 自然乾燥後、鍋とフタにオリーブオイルを薄く塗って弱火にかけ、焼きながらじっくりと油を全体になじませる。
  4. クズ野菜を、数回炒める。

私が購入したLodge社 12インチ ディープ ダッチオーブンでは、ロッジ社と日本式の中間方法で、ショートニングを塗って鍋とフタを焼いた後、クズ野菜の炒めを数回行いました。

私が使用したGrisco社の植物性ショートニングは、もうありませんがその他のショートニングでしたら楽天などから購入できます。

植物性ショートニング

植物性ショートニング

なお、ユニフレームなどのステンレス等のダッチ・オーブンはシーズニングは必要ないようです。

メンテナンスはブラックポットを目指して

ダッチ・オーブンの世界は、ブラックポットと言う言葉があリます。

ブラックポットとは、使い込まれて深く黒光りしているダッチオーブンのことで、愛好家にとっては誇りに思うようなダッチオーブンです。

使い込むにつれて、表面に油膜が被い、だんだんと黒光りするようになります。

すぐにブラックポットとはならないので、かなりの期間、ダッチオーブンを使い込み、かつメンテナンスを面倒がらずにやる必要があります。

私のダッチオーブンも一応ブラックポット近くになりました。

ブラックポット

ブラックポットを目指して、調理後のダッチオーブンの手入れ・メンテナンス方法は次のとおりです。

  1. 調理後は、食材を残さないように取り出し、お湯をはる。
  2. お湯のまま、鍋を火にかける。
  3. 汚れは、ささらや木のヘラで落とします。洗剤や金属たわしは折角の油膜が落ちるので厳禁です。
  4. 洗い終わったら、よくすすいで火にかけて水分を飛ばします。
  5. 鍋が温かいうちに、オリーブオイルなどを全体に薄く塗ってください。

メンテナンスをしないとどうなるかですが、次の写真のようになります。

錆びたダッチオーブン

錆びたダッチオーブン

野外で放置していたわけではないのですが、コンロ台に入れておいた処、このコンロ台の天井部分から雨水が漏れてダッチオーブンにかかってしまい、数年経つとこうなりました。

高価なダッチ・オーブンですので、何とかしてサビを落とし、再度使いたいと考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ